So-net無料ブログ作成

<インフル>初の純国産治療薬、「タミフル耐性」に効果(毎日新聞)

 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS−8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らが確かめた。米国微生物学会誌(電子版)に掲載された。

 菅谷部長らは08〜09年、患者184人を分けてラニナミビルとタミフルを投与。同シーズンはAソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、試験した患者でも約95%が感染した。すると、ラニナミビルを投与した患者はタミフルを投与した患者より平均60時間以上早く回復した。一方、タミフル耐性でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者の治療効果に差はなかった。

 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済む。これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果も確認されている。

 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している。【関東晋慈】

【関連ニュース】
◇特集◇新型インフルエンザ
◇新型インフルエンザ◇ワクチン輸入、257億円分解約
◇新型インフルエンザ◇期限切れワクチン 234万回分廃棄へ
◇新型インフルエンザ◇水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析
パンデミックに挑む:布施晃さん=国立感染症研究所広報委員

親鸞 750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体(毎日新聞)
サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
藤井氏、離党届提出=新党参加の5人、午後に会合(時事通信)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。